誰もが、一度は必ず経験する、マンガ買取。

昔から、マンガはよく部屋に集まりました。

その分、集まったマンガは、買取として部屋からどんどん整理されていきました。

棚にはいつもマンガを敷き詰めて、どんどん増えていくタイトルを眺めては何度も読み返したり、また何度読んでも泣く場面や笑う場面が同じだったり、自分コレクションとしても、マンガは生きてきたその姿にも反映し得るものでした。

今では、マンガ大国といわれるほど、日本のマンガやアニメは世界に普及しつつあります。

それを基本として、その国独自のアニメーションも生まれることだってあるといいます。

その国独特の、マンガやアニメに対する考え方はどんなものなのでしょうか。

マンガは、誰もが読んだことのある、また一度はハマる時代があるといえるほど、自分が感じたことそのままに、その存在はあり続けました。

好きなマンガ家の絵に毎日癒されたり、それが好きだということを、なぜか誰かに知ってもらいたくなったり、子供や大人世界の境界を越えて、誰もが同じ共感を覚えていくその一瞬も存在します。

誰かはきっとそのストーリーが好きで、自分は実はそのストーリーが好きではないと言ってみたり、それぞれの価値は自分自身であったりもします。

自分の思い出の中にはまったストーリーを、今でも時々思い返すことがあります。

tags: マンガ,誰,ストーリー,アニメ,世界,何度,場面,存在,部屋,アニメーション

30年たったマンガの新連載

30年以上も前に少女まんが雑誌の中で連載をしていたバレエマンガの続編が最近開始された。

ちょっと驚いたが、楽しみでもある。

連載当時はバレエと言えば浮かぶ国がソビエトであったので登場する人物も国もソビエトが主流であった。

主役は日本人の女子であるがバレエの国際的プリマドンナを目指すためにソビエトに留学をしたり、彼女を教える先生がロシア人であったりライバルもロシアの女の子であったりと現代とは違うシチュエーションが満載の内容であった。

あのころと現代とはまるで世界の常識が変わっているのでそれをどういう風に見せていくのかが楽しみな連載開始であった。

初回を読むと30年前に終わったところからスタートであった。

本当にその後からの始まりであり、世界的背景も登場人物も全く同じであった。

まるで連載当時に戻ったかのように、一気に漫画を読み終えてしまった。

続きが楽しみな展開ではあるが、残念なことに3カ月に1度しか雑誌に掲載されないシステムでの連載であった。

じれったいが仕方がない。

本に買取について思うこと

本好きの人ならわかると思いますが所有している本の量にもよりますが長年自宅に溜め込んだ本の処分をどうするかで結構頭を悩ますケースがあります。

あっさりと大量にゴミとして処分するのが最も早く合理的解決とも言える思いますが、それが簡単にできるなら苦労はしません。

それがとても高価な本であったり、希少価値の高いもの、マニアが喜びそうな本、思い入れが深く何度も読み返した本など様々です。

しかしそれでも時には処分の必要性が生じるのです。

本を読み続ける限りにおいて、それは緩やかであっても決して止まることなく確実に部屋の中で増殖していくのです。

1人暮らしや引越しする場合などは、なおさらにその決断が一刻の猶予もなしに迫られるのです。

下手をすると引越しの荷物の片付けの忙しい最中に腰を下ろしてつい読みふけってしまうこともあります。

片付けるのが趣旨なのに判断がつかなくなるのです。

最近は本屋に買取をしてもらっても幾らにもならないので、人に挙げて、喜んでもっらていると信じています。

要らなくなった本を高く買取ってもらうおう。

所有している本が不要になった場合は処分するのではなく、古本屋などで買取ってもらいましょう。

程度が良い本や人気の本ならば高値が期待できます。

より高く買取ってもらう為にも、複数の店舗を回るようにしましょう。

店舗によっては扱っている本の種類も違いますし、在庫の状態も違います。

買取価格も違ってきますので複数の店舗を回り、それぞれの買取価格を比較するようにしましょう。

ネットでも買取ってくれるサイトが有りますので活用してみましょう。

普段からの本の取扱いも大切です。

特に注意したいのが紫外線です。

本は日焼けをしてしまうと価値が下がってしまいます。

強い日焼けの場合ですと買取すら不可となってしまいます。

価値を下げない為にも本は紫外線に当たらないような場所に保管しておきましょう。

湿気にも気を付ける必要があります。

湿気を吸ってしまうとヨレの原因となります。

価値が下がってしまいますので、湿気にも十分注意しましょう。

特に加湿器などの近くには置かないようにしましょう。