本に買取について思うこと

本好きの人ならわかると思いますが所有している本の量にもよりますが長年自宅に溜め込んだ本の処分をどうするかで結構頭を悩ますケースがあります。

あっさりと大量にゴミとして処分するのが最も早く合理的解決とも言える思いますが、それが簡単にできるなら苦労はしません。

それがとても高価な本であったり、希少価値の高いもの、マニアが喜びそうな本、思い入れが深く何度も読み返した本など様々です。

しかしそれでも時には処分の必要性が生じるのです。

本を読み続ける限りにおいて、それは緩やかであっても決して止まることなく確実に部屋の中で増殖していくのです。

1人暮らしや引越しする場合などは、なおさらにその決断が一刻の猶予もなしに迫られるのです。

下手をすると引越しの荷物の片付けの忙しい最中に腰を下ろしてつい読みふけってしまうこともあります。

片付けるのが趣旨なのに判断がつかなくなるのです。

最近は本屋に買取をしてもらっても幾らにもならないので、人に挙げて、喜んでもっらていると信じています。