誰もが、一度は必ず経験する、マンガ買取。

昔から、マンガはよく部屋に集まりました。

その分、集まったマンガは、買取として部屋からどんどん整理されていきました。

棚にはいつもマンガを敷き詰めて、どんどん増えていくタイトルを眺めては何度も読み返したり、また何度読んでも泣く場面や笑う場面が同じだったり、自分コレクションとしても、マンガは生きてきたその姿にも反映し得るものでした。

今では、マンガ大国といわれるほど、日本のマンガやアニメは世界に普及しつつあります。

それを基本として、その国独自のアニメーションも生まれることだってあるといいます。

その国独特の、マンガやアニメに対する考え方はどんなものなのでしょうか。

マンガは、誰もが読んだことのある、また一度はハマる時代があるといえるほど、自分が感じたことそのままに、その存在はあり続けました。

好きなマンガ家の絵に毎日癒されたり、それが好きだということを、なぜか誰かに知ってもらいたくなったり、子供や大人世界の境界を越えて、誰もが同じ共感を覚えていくその一瞬も存在します。

誰かはきっとそのストーリーが好きで、自分は実はそのストーリーが好きではないと言ってみたり、それぞれの価値は自分自身であったりもします。

自分の思い出の中にはまったストーリーを、今でも時々思い返すことがあります。

tags: マンガ,誰,ストーリー,アニメ,世界,何度,場面,存在,部屋,アニメーション